低用量ピルのフェミロン

低用量ピルのフェミロン

低用量ピルのフェミロンは、オルガノンから発売されている経口避妊薬です。
ほかの経口避妊薬のジェネリック医薬品ですので、同じ効果が得られて購入しやすい価格になっています。

 

入手するためには、個人輸入代理店などから購入します。
フェミロンの主な有効成分である『Ethinylestradiol』を特に低用量に抑えるように開発されました。

 

服用することによって卵巣からの排卵を防ぐことができ、妊娠を回避することができるというようになっています。
低用量ピルのフェミロンの服用方法は、簡単なものです。

 

21錠が1セットになっていて、これを28日周期で服用します。
最初の1錠目は生理の1日目に服用し、翌日から残りの20錠を毎日同じ時間に服用し続けます。

 

21錠の服用が終わってから7日間は、服用を休みます。
服用しない期間のうちに生理がきますから、7日間休んだ後はまた新たに21錠の服用を開始します。

 

有効成分である女性ホルモンの量が特に低用量となっていますので、副作用の心配は少ない薬です。
ただ、個人によっての差がありますから頭痛、体重増加、むかつき、胸の緊張感、気分の上下といった症状が現れることもあります。

 

多くの場合には、副作用が現れても数ヵ月のうちにはなくなるようです。
個人で輸入することができる薬ではありますが、医薬品であることに変わりはありませんので、服用に際しては医師の指導を受けると良いでしょう。

 

また、服用中に副作用と思われる症状が現れた場合にも、すぐに医師に診断してもらうことが大切です。
そのほか、低用量ピルのフェミロンには血液凝固作用がありますので、喫煙をしていると危険が増すことも知っておきましょう。

 

簡単に入手することができるとはいえ、服用に細心の注意が必要であることは言うまでもなく、あくまでも自身の責任において使用することが必要です。
価格についてはばらつきもありますが、まとめて何ヵ月分かを購入すると割安になることもあります。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品