経口避妊薬の飲み方

経口避妊薬の飲み方

経口避妊薬と聞くと何となく怖いイメージがありますが、一般にはピルという名の方がよく知られています。
ピルに含まれているホルモン量は通常妊娠時の20分の1以下となっています。

 

身体のホルモンバランスを妊娠しているときと近い状態にするため、排卵が抑制されて100%に近い確率で避妊することができるのです。
ほかにも着床を抑制する効果、子宮内に精子が入り込むことを防ぐ作用があるため、ホルモンバランス以外に避妊効果を高める力もあることが確認されています。

 

避妊目的以外にも月経不順である方が周期を整えるために服用したり、月経困難症を改善するために服用するといった場合があります。
経口避妊薬は、数ある医薬品の中でもっとも多く飲まれている薬であるともいわれ、現在世界中で1億人以上の女性が服用しています。

 

ピルには決められた飲み方があり、たとえば朝の6時に飲んだら次の日も6時に飲むというように、21日間毎日同じ時間に服用します。
現在日本には、錠数と飲み方が微妙に異なる12種類の経口避妊薬があります。

 

錠数が異なるタイプには7日間服用を休む21錠タイプ、1シートに7錠分の偽薬を含む28錠のピルがあります。
28錠タイプは薬を飲まない期間がないため、飲み忘れがないというメリットがあります。

 

飲み始めの時期が異なるタイプには月経が始まった日に飲み始めるデイワンタイプ、月経開始日の最初の日曜から飲み始めるサンデイタイプがあります。
どちらのタイプも飲み始めてからの1週間は確実な避妊効果が得られないため、注意が必要です。

 

ピルの飲み忘れを防ぐためには歯磨きコップの中に入れておく、枕元に置いておくなど、自分の生活リズムに合わせた飲み方を決めておきましょう。
飲み忘れに気づいた場合は24時間以内であればすぐに飲み、次の日にはまた決められた時間に飲みます。

 

24時間以上が経過していると避妊効果はなくなっていますので、服用を中止して次の月経時から新しいシートを飲み始めます。
避妊目的以外の服用であれば、前日分も含めた2錠をまとめて服用します。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品