経口避妊薬とは

経口避妊薬とは

経口避妊薬とは、おもに望まない妊娠を防ぐことを目的として使用される、錠剤の医薬品です。
一般的にはピルとも呼ばれています。

 

経口避妊薬は1960年代から世界中で広まり、とくに欧米諸国では、避妊のために多くの女性が使用をしています。
日本に入って来たのは1999年と意外に遅く、医薬品として認可がされたのは、先進諸国の中でも最後となっています。

 

しかしその後は血栓症や発ガンといった副作用のリスクが認められたために、一時期は敬遠されることとなりました。
現在では安全性を高めるために改良がなされて、低用量経口避妊薬というのが一般的に販売されています。

 

低用量というのは、錠剤に含まれている女性ホルモンのプロゲストーゲンやエストロゲンが、少ない量で抑えられているというものです。
しかし少ない量であっても確実に避妊効果が維持できるよう、しっかりとした開発がなされています。

 

日本では避妊に使用されるのはコンドームというのがまだまだ一般的ではありますが、コンドームによる避妊の効果は確実ではないため、経口避妊薬を使用するという人も増えて来ています。
ただし購入に際しては、医師による診察と処方が必要となります。

 

医薬品ではあっても治療目的の薬剤ではないため、健康保険が適用されずに実費となり、経済的に負担となる場合もあるようです。
価格は1ヶ月分で、およそ1万円前後となります。

 

また2回目以降の処方の際には、血栓症や性器癌、肝障害、高血圧などといった副作用が出ていないかどうかを、確認するための定期健診を受けるということも必要となります。
副作用には他にも不正出血や頭痛、嘔吐、体重の増加などがありますが、これらは数ヶ月間服用を続けるうちに改善、もしくは消失するという場合が多いようです。

 

経口避妊薬は多くの女性の場合で、長期間服用をしても安全であるということが明らかにされてはいますが、服用に際しては、医師と十分に相談をするということが大切となります。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品