経口避妊薬のメリット

経口避妊薬のメリット

経口避妊薬(ピル)を使用するというメリットには、さまざまなものがあります。
まず一つ目には、なんと言っても高い避妊の効果が得られるということです。

 

多くの女性は経口避妊薬を避妊目的として使用していますが、避妊の効果には99.9%という高い確実性があります。
そしてその他のメリットには、生理痛の軽減や生理周期の安定、子宮内膜症の予防および進行の抑制、子宮体ガンや卵巣ガンの予防といったものなどがあります。

 

経口避妊薬は避妊を目的とする女性のみが服用するものだというふうに考えられがちですが、しっかりと医師の診察と処方を受けてから使用をすれば、誰にでもメリットは大きいということが言えます。
まず服用中であっても形だけの生理というものはありますが、ピルの影響で出血量が少なくなるために、子宮の収縮が抑えられることで生理痛は軽減されることとなります。
そしてピルを服用し続けることによって、生理周期もきっちりと28日で整えられることとなります。

 

子宮内膜症は堕胎などをした女性に多く見られる症状ですが、ピルを服用することによってホルモンの状態が安定し、子宮内膜の増殖を抑えるということができます。
子宮内膜症を完治させるという効果はありませんが、進行を抑制させることができます。

 

そして子宮体ガンや卵巣ガンは、ピルによって子宮内膜が保護され、排卵の抑制も行われることによって予防をすることができます。
たとえピルの服用を中止したとしても、子宮体ガンや卵巣ガンのリスクは、使用中止後から10年間に渡って半減することができるとされています。

 

また経口避妊薬には、大腸ガンのリスクを軽減させるといった効果もあります。
その他にもホルモンバランスが崩れることによって起きやすい生理中のニキビなどにも、男性ホルモンの働きを抑えることで改善されるといった効果もあります。

 

経口避妊薬は長期間使用を続けても安全であるということが確認されている上、得られるメリットは非常に大きいということ

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品