経口避妊薬を飲んではいけない人

経口避妊薬を飲んではいけない人

経口避妊薬は、ただ飲むだけで避妊が出来るという手軽さがありますが、絶対に飲んではいけない人がいるのは事実です。
勿論、経口避妊薬を医者の処方せんなしに服用することはできないのです。誰かが持っているものを貰って飲むこともいけません。

 

飲んではいけない人と慎重に飲まなければならない人の二つのタイプに分かれているようです。
その中で、経口避妊薬を飲んではいけない人の類型には、以前経口避妊薬を飲んで過敏症を起こしたことがある人、35歳以上で1日15本以上の喫煙者、乳ガン、子宮体ガン、子宮筋腫およびその疑いのある人、原因不明の性器出血がある人、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、肝動脈疾患にかかっている人および過去にかかったことある人、重症の肝障害がある人、肝腫瘍のある人、高血圧の人、血栓性素因のある人、抗リン脂質抗体症候群の人、4週間以内に手術を予定している人、手術後2週間以内の人、産後4週間以内の人、耳硬化症の人、妊娠中の黄疸、持続性痙攣?痒症または妊娠ヘルペスの症状があらわれたことがある人、脂質代謝異常のある人、授乳中の人、思春期前の人、妊娠または妊娠している可能性がある人等です。

 

これは、使用時のガイドラインに挙げられており、医者もこのガイドラインに沿った形で服用に対する処方を施すそうです。
ガイドラインに挙げられている項目には、主に血の巡りに関する事項が多く見受けられ、ピルを服用した際、体内の消化器官から血によって、栄養分と一緒にピルの成分を体中に行き渡らせて作用させるというのが解ります。

 

女性ホルモンの分泌には、血流と密接に繋がっており、女性ホルモンを刺激するのは、血流にて行うのではと見て取れます。
このように、飲んではいけない人の条件が備わっておりますので、例えば1日15本以上喫煙するとかは、自己努力で解決できそうな項目もあるので、ピルの服用を考えている人は列記された事項を参考にしてみるのも良いでしょう。
経口避妊薬にはただ飲むだけで避妊することができるという手軽さがあるのですが、絶対に飲んではいけない人がいることも事実です。
もちろん、経口避妊薬を医師の処方なしに服用することはできません。

 

また、誰かが持っているものをもらって飲むということもいけません。
厳密には飲んではいけない人、また慎重に飲まなければならない人もいます。

 

経口避妊薬を飲んではいけない人としてまず挙げられるのは、以前に経口避妊薬を服用して過敏症を起こしたことがあるという方です。
また、35歳以上で1日15本以上のタバコを吸うという方もいけません。

 

女性特有の疾患も懸念されるものであり、乳ガンや子宮体ガン、子宮筋腫を発症していたり疑いがあるという方や原因不明の性器出血がある方も服用してはいけないとされています。
さらにその性質上妊娠しているか妊娠の可能性がある方、産後4週間以内である方、授乳中の方は、服用することができません。

 

健康を考える上では、近いうちに大きな手術を受ける場合や手術が終わったばかりという方も服用してはいけません。
そのほか症状に影響が懸念される病気としては血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、肝動脈疾患、重症の肝障害、肝腫瘍、高血圧、血栓性素因、抗リン脂質抗体症候群などが挙げられます。

 

これらのことは経口避妊薬を使用するときのガイドラインにも定められていて、病院でもこの内容に沿った形で処方が行われることになります。
そのほかの項目としては、主に血のめぐりに関する事項が多く見受けられます。

 

ピルを服用した際には、体内の消化器官から血液によって、その成分が栄養分と一緒に運ばれて作用するということになります。
飲んではいけない人の要件は明確に定められていますが、1日15本以上の喫煙といった項目のように生活習慣に関する内容もあります。

 

自己努力によって解決することができる項目に該当するのであれば、自力で工夫するようにもしましょう。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品