経口避妊薬の効果

経口避妊薬の効果

経口避妊薬(ピル)には確実性の高い避妊のほか、さまざまな女性特有の問題などを解決・改善してくれるといった効果などがあります。
まず経口避妊薬を正しく使用し続けた場合には、99.9%の確率で、性交渉による妊娠を防ぐということができます。

 

確実に効果を期待するためには、21日間連続して1日1錠のピルを服用し続け、7日間の休薬期間を入れるということを、継続して行うことが必要となります。
経口避妊薬の避妊以外でのおもな効果には、生理痛の軽減や生理周期によるイライラなどの軽減、子宮内膜症の予防および改善、ニキビの改善、骨盤内における感染症の予防、子宮体ガンや卵巣ガンといった子宮内における悪性腫瘍の予防などがあります。

 

まず生理中には生理痛や生理による貧血といった症状をうったえる女性は多くいますが、ピルには生理の量を減らし、生理痛や生理による貧血を改善するといった効果があります。
また生理の周期に応じたイライラや精神的な不安定さなども、改善されることが期待できます。

 

そしてピルには子宮内膜を薄くするといった作用もあるため、子宮内膜症の改善や、子宮内膜症による月経困難痛といった症状なども軽減することができます。
またニキビは生理中に女性ホルモンのバランスが崩れて、男性ホルモンが増えることによってできやすくなりますが、ピルを服用することでホルモンバランスが安定するために、ニキビの改善をすることができます。

 

とくに思春期などはホルモンバランスが崩れやすいため、ニキビが気になるという女性には、「マーベロン」といったピルなどがおすすめです。
しかし体質などによっては逆にニキビが増えたりすることもあるため、必ず服用前に医師に相談することが大切となります。

 

このように経口避妊薬には避妊以外にもさまざまな効果を期待することができるため、どちらかと言うと女性であれば服用すべきだというふうにも言えます。
しかし費用はすべて実費となるため、少なくとも数ヶ月間使用するということを考慮した上で、購入することが大事です。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品