低用量ピルのトリキュラー

低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、日本でもっともよく使われているピルのひとつであるといわれています。
具体的な数字でいいますと、低用量ピルを使用している日本人女性の40%以上が使用しているといわれています。

 

『トリキュラー28』などはよく使われているもののひとつですが、最近ではハードケースが紙のパッケージに変わって使いやすくなっていることが特徴的です。
使用を始める前には、添付されている『曜日シール』を貼るとわかりやすくなるため使用が推奨されています。

 

トリキュラーは段階型の低用量ピルであり、自然なホルモン分泌のパターンに似せて薬の総含有量を低く抑えているものです。
使い方としては毎日決められた薬を飲むだけということになりますが、服用する順番を間違えると避妊効果が低下したり不正出血が起こることにもなりますので、注意しなければなりません。

 

また、最近では飲み忘れを防止するための『プラセボ錠』という偽薬がついているものもあります。
忘れやすいような方に良いものとなっています。

 

ちなみに低用量ピルは確実に避妊される限界までホルモン量を下げているため、ほかのホルモン剤と比べると副作用の少なくなっていることが特徴的です。
ただ副作用がゼロであるというわけではなく、生理以外の不正出血や乳房の張り、痛み、悪心、嘔吐といった胃腸障害などが見られるケースもあります。

 

これらは服用を2、3ヶ月続けて身体が慣れてくると次第になくなっていくともいわれていますので、特に重く捉える必要はないかもしれません。
トリキュラーの注意事項としては、ごくまれに血栓性を引き起こしたり悪化させる恐れもあります。

 

このような血栓症の発現については、年齢や喫煙にも深く関係していることがわかってきています。
40歳以上の方やタバコを吸う方は、ピルを使用する前に病院で相談してみることが推奨されています。

 

料金についてはいろいろなメーカーから出ていますので千差万別ですが、28錠の2シートで大体3,000円前後となっています。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品