経口避妊薬の副作用

経口避妊薬の副作用

経口避妊薬は、使い方さえ間違えなければ非常に便利なものであるのですが、その副作用を心配している方も少なくありません。
確かに『経口』というとおり口に入れ、体内の女性ホルモンに作用して妊娠を抑制するというものですから、服用することによっていろいろと身体にとって不都合なことが起こるのではないかとも思われるわけです。

 

経口避妊薬の主な副作用としては体重の微増、偏頭痛、気持ちのいらつき、性欲の減退、むくみ、嘔吐、膣炎、ニキビの増加といったことが挙げられます。
長期にわたっての服用は、特に好ましくない結果となります。

 

そのほかに稀なケースとしては肝機能障害、血栓症、発ガンリスクの増加、子宮筋腫、糖尿病の悪化といった可能性も指摘されています。
発ガンリスクについては国際ガン研究所であるIRACにおいても、経口避妊薬の常用によって発ガン性が認められるという報告が出されています。

 

さらに喫煙をしている方が経口避妊薬を服用すると、心臓や循環器系への危険を高めることにもなりますので、服用中は絶対に喫煙してはいけないとされています。
なお、このように副作用の存在が多く指摘されていることから、医師の適切な指導やアドバイスのもとに服用することが理想的です。

 

ただし、リスクには個人による程度の差が認められていることも事実ですので、ピルを服用したからといってすぐに副作用が現れるというわけでもありません。
とりわけ、普通に病院での指導を受けていれば、副作用の現れる可能性は低くなります。

 

もともとリスクがある方に対しては病院でも使用を推奨していません。
長期間にわたって使用すべきではないということは、常識的に考えさえすればわかることでしょう。

 

できればあまり経口避妊薬を服用しないで避妊する方法を考えた方が良く、あくまでも緊急避難としての手段として捉えていた方が良いのかもしれません。
やはり自分の身体を守るのは自分であり、内服薬に頼った避妊の方法は極力避けることが無難でしょう。

避妊ピルの通信販売ベストくすり


楽天オススメ商品